歯のホワイトニングを維持する方法

私は数年前、歯のホワイトニングをしました。しかし、そのホワイトニングをした歯を維持していくのが、とても大変です。歯のホワイトニングをした後は、濃い色の食べ物や飲み物に気をつける必要があります。ホワイトニング後の歯磨きは、普段通りにして問題ないのですが、歯は、「歯の表面が長時間色素に触れる」ことと、「磨き残しの汚れの上に色素が沈着する」ことで黄色くなっていきます。しかも歯に付いた汚れは、時間が経つと固まって頑固になり、取りにくくなります。ですので、ホワイトニングの有無に関わらず、虫歯や歯周病予防と同時に、色素が歯に着いている時間を短くするという意味でも、汚れが付いたらできるだけ早く歯磨きをして綺麗にするのが重要になってきます。白い歯をできるだけ長く保つためには、日々のケアが大切です。ホワイトニングは歯の色素を化学的に分解しますので、すぐに色が戻ることは通常はありませんが、歯の質や着色の程度によって再着色の起きる時間が変わり、一生白い歯を維持できるものではありません。ホワイトニング効果をより長く維持するためには、ホワイトニング用の歯磨き粉などをお使いいただくことや、年に1~2回のホワイトニングを行なったり、定期的なクリーニングでメンテナンスすることが大切です。歯が今までより数段急に白くなったら、その直後はその白さに感動しますが、日に日にホワイトニングした白い歯に慣れてしまい、元の歯の色を忘れて、色が戻ったと感じる人も少なくありません。ホワイトニング後でも普通に歯磨きして大丈夫、むしろ磨き残しがないように汚れをきちんと落とすことが大切なのです。歯の白さを保つためにも、健康を保つためにも、虫歯や歯周病を防ぐためにも、基本はやはり「歯磨き」のようです。せっかくホワイトニングした歯をできるだけ白く保つためには、自分で歯磨きをきちんとして、歯医者さんで定期的にメンテナンスしてもらうのが大切です。
昼間出掛けることがよくあるのですが、
最近になって天気を気にしなくてはいけない日が増えてきました。

出かける前はいい天気でも、
出かけてからしばらくすると急に空が暗くなって雷が鳴り、
大雨が短時間降ってくることが多くなるからです。

天気予報で局地的に大雨が降ると聞くと、
出掛ける前に雨雲レーダーをチェックしますが、
雨が降りそうだから出かけるのをやめると降らなかったり、
逆に降らないだろうと思って出かけると雨に降られることもあり、
こういう天気の日は出かける判断が難しいです。

この日も急な雨が降りそうな感じだったので、
出かけるのをやめましたが、
1時間半くらいしたら雷と雨ですごかったです。

 

http://www.generatoroff.net/

Both comments and pings are currently closed.