底知れぬ腹筋ローラーの破壊力よ

ある日突然、デスクワークで鈍った体を鍛えようと思い立ちました。

「腹筋には、腹筋ローラーが一番効く」

そんなことを同じ会社の筋トレ愛好家が言っていて、それを真に受けた私は、まんまと腹筋ローラーを購入しました。

さっそく家の床で膝をついて数回コロコロすると、腹筋に未だかつてない負荷を感じ、翌日から1週間くらい筋肉痛が続きました。

辛く長い1週間でしたが、全く腹筋がついた感じはありません。

騙された気分になりつつ、せっかく買った腹筋ローラーがもったいないので、筋肉痛が収まるたびに腹筋ローラーを転がす日々を続けることにしました。

1ヶ月半も転がせば筋肉痛の間隔も2日程度になり、腹筋が多少の自己主張を初めてきました。

ちょうどその頃、知り合いと一緒に銭湯に行く機会がありました。

「お、筋トレしてる?」

という聞きなれないフレーズ。

「実は最近腹筋してるんですよ」

と内心驚きながらも答えました。

やっぱり腹筋ローラーは効くのだなあ、と実感しました。

これが腹筋ローラーのすべてかというと、そんなことはないのです。

膝をつかずに転がす「立ちコロ」という技法(?)が存在し、これが挑戦してみても全く出来る気がせず、まだまだ腹筋ローラー底は見えないのでした。

腹筋ローラーとゴクリッチで引き締まった身体を作り上げます。

Both comments and pings are currently closed.