冷えの原因は食べ過ぎ?具なし味噌汁で断食

冷え対策として雑誌でオススメされていたのが「胃腸を休めること。」人間の体は食べ物を摂ると、体中から血を集めて胃腸を働かせます。たくさん食べるほど、たっぷりの血が必要になり、全身に血が回らず体が冷えるのだそう。そこでオススメなのが週一回の具なし味噌汁断食。週に1回の断食を取り入れると、胃が充分に休まって全身に血が巡り、体温が上がります。完全に食事を抜くのは辛いけど、具なし味噌汁は断食中でもOK。みるみる身体があたたまるんだそうです。やり方としては、1日の食事で昼と夜を具なし味噌汁だけにします。断食前日の夕食と当日の朝食、断食の翌日の朝食は野菜中心の軽めの和食に。胃腸に負担のかかる肉はさけます。昼食と夕食は、温かい具なし味噌汁をゆっくりと飲みます。1食につき1~2杯を目安にしてください。さらに水溶性食物繊維が豊富な昆布でだしをとると、腸のデトックスにもなるのでオススメだそうですよ。週に1度の胃腸休め週間、是非続けて冷え対策をおこなってみましょう。冷え性対策といえばビレッグは脚痩せで美脚が作れる上に血流も良くなるので、女性に人気なんです。加圧レギンスもダイエットに良さそうですね。

Both comments and pings are currently closed.