肥満の人が体重を減らす生活習慣

肥満の人が体重を減らそうと思ったら、いきなり激しい運動や厳しい食事制限をするのはやめたほうが良いといいます。

肥満の人であれば、生活態度に改めるべきことが幾つかあるはずです。

とにかく食べ過ぎる傾向が肥満の人にはありますので、よく噛んで食べる習慣をつけるようにしてください。

30回噛んで飲みこむ、というペースで食べていきます。

よく噛むことでヒスタミンが分泌されますので、満腹感を感じやすくなり、少ない食事量で満足できるようになります。

大抵の場合、肥満の人はカロリー過多な食事をしている可能性が高いので、その点から直していくことがポイントです。

夜は九時を過ぎたら、食事は控えましょう。

あまり遅い時間にものを食べると、エネルギーとして使い切れずに脂肪になってしまいがちです。

仕事などで夜9時以降しか食事が摂れないという人は、夜食の炭水化物を半分にする、全体の量を減らすなどの工夫をしましょう。

肥満のために食事を少なくしているという人でも、朝ご飯は十分に摂取してください。

朝に物を食べておくことは、減量中でも大事なことです。

カロリーオーバーの原因の一つであるストレスは、朝食を十分に食べることで分泌されるセロトニンによって緩和されると言われているためです。

肥満体型の人は、食事以外の理由で肥満になっていることがありますが、運動量が足りないこともその一つです。

運動をする機会が少ない人は、家事を積極的に行ったり、車の移動を少なくするなどの工夫をするといいでしょう。

ハードな課題は実行が困難ですから、帰りの駅だけ階段を歩くなど、小さなことから始めましょう。

日頃から工夫をして生活を変えていくことが、肥満の人には体重を減らす糸口になります。

トゥースメディカルホワイト

Both comments and pings are currently closed.