着痩せするための洋服の着かた

洋服を着ると痩せたように見える人っていますよね。着痩せといういい方もありますが、そういうのは洋服の種類によって決まるんでしょうか。

例えば黒を着るとほっそりと見えて、白は膨張色だから太って見えるみたいなことがありますよね。ほかにも縦じまは細く見えて、横のボーダーは太って見えるみたいなこともあります。

個人的には本体そのものが痩せることが一番なんですが、それは一朝一夕でできるものではなく、コツコツとだいえっとかつどうをしなければならないので大変っです。

だから、とりあえずダイエットが成功するまでは洋服でごまかしたいと思っているのですが、最近はオーバーサイズが流行っているので、そもそも太って見せているというか、本体が細いか太いかわからないようにごまかしているということが多いですよね。

私も、オーバーサイズのシャツなんかを着て、ワイドパンツもはいたりしますが、結局細くは見えないし、太っているともギリギリ思われないかなぁ、くらいの心もとないものです。

そういう意味では、オーバーサイズブームというのは女性にとって便利ではあるんですが、ある意味ダイエットをしようとする意志をつぶされるというか、食べてもいいやって気分にさせることは間違いないですね。

ただ、洋服の流行なんて2年もすれば変わってくるので、2年後には逆にぴちぴちのスタイルが流行ったりすると最悪です。

ダイエットを怠った罰じゃないかと思うくらい洋服を着れないですよね。そうなる前にダイエットを成功させて、どんな洋服でも似合うように体型を維持したいところです。

とりあえず、もうすぐ薄着の季節がやってくるので、これまでのアウターとか体型を隠してくれた洋服に感謝しながらクリーニングに出してやりたいと思います。

リネットの使い方

Both comments and pings are currently closed.