ダイエットのための食生活5箇条

ダイエットに役立つ食生活方法を紹介します。

1.食事は腹八分目が大切

飲み過ぎ、食べ過ぎはしていませんか?おなかいっぱい食べないと食べた気がしないという人は要注意です。

食べ過ぎは肥満を進行させます。常に腹八分目を意識しましょう。


2.1日、3食、決まった時間に食事は食べましょう

食事は朝、昼、晩と決まった時間に食べることが大切です。食生活のリズムを整えることによって間食、食べ過ぎの防止へとつながります。

逆に食事の回数を増やすとやせると言われています。ただし、食事のエネルギー量は減らしてはいけません。

3.野菜を必ず摂りましょう

野菜を食べることで、ビタミン、食物繊維をきちんととることができます。
1日350gが理想だと言いますが、漠然としていてわからないと思います。

1食で野菜料理を2品、赤、緑、白など様々な野菜を組み合わせることのいよって食欲も増進します。

4.塩分は控えめにして、料理は薄味

塩分は料理に使う塩、しょうゆなどの調味料で量が決まります。出汁、香辛料などを使って、塩分、調味料の量を減らすことができます。

5.よく噛んで食べることが食べ過ぎ防止

よく噛んでゆっくり食べること、食事に時間がかかり、早食いが防止されます。
また食事の満足感が増し、薄味でもうまみを感じるようになります。

そのためにも1回に口に入れる量は少なめにして、よく噛んで(30回くらいがベスト)食べると量そのものが減ります。

置き換えダイエット グリーンスムージー

Both comments and pings are currently closed.