中性脂肪を減らすバランス良い食事とは

中性脂肪が増えすぎると肥満を引き起こし、様々な病気の原因となります。

病気を食い止めるためにも正しい食生活は大切な要素になります。
食事の量を減らしても好きなものばかり食べていると、栄養が偏り、中性脂肪が増え、肥満になってしまいます。

また、朝食抜き、夕食をたくさん食べることも避けなければなりません。
1日3食を守り、栄養バランスのとれた食事にすることが大切です。
バランス良い食事:食品群

第1群:乳、乳製品
栄養を完全にする
バランス良い食事は中性脂肪を減らす

第2群:魚介類
良質のタンパク質を豊富に含み、からだや筋肉・血液をつくる

第3群:野菜類(きのこ、海藻類を含む)
からだの働きをスムーズにする

第4群:穀類、油脂、佐藤、種実類
体温を保ち、からだを動かすために必要なエネルギー源となる栄養素

中性脂肪が高い人は野菜をおすすめします

肉、魚などのタンパク質、ごはんや砂糖などの糖質、脂肪を多くとっている人は要注意です。
どうしても野菜、海藻類が不足しがちになります。

特にランチで外食になると、手軽などんぶり物に偏り、逆に野菜が不足がちになります。

野菜を食べることがバランス良い食事につながります。
ランチなどで野菜が不足がちになる人は野菜ジュースなどで補うことをおすすめします。

 

ダイエットのための酵素ドリンクのおすすめ

Both comments and pings are currently closed.