中性脂肪とコレステロールのかたまり、リポたんぱく

リポたんぱくは大きさと比重によって「HDL(高比重リポタンパク)」「LDL(低比重リポタンパタ)」「IDL(中間比重リポタンパク)」「VLDL(超低比重リポタンパク)」「カイロミクロン」の5種類に分けられます。


・HDL(高比重リポタンパク)、別名善玉コレステロール

抹消組織から余分なコレステロール(悪玉コレステロール)を肝臓に運ぶ働きをしています。
・LDL(低比重リポタンパタ)、別名悪玉コレステロール、ILD(中間比重リポタンパク)

抹消組織にコレステロールを運び、コレステロールの代謝を調節します。
・VLDL(超低比重リポタンパク)

肝臓で合成された脂質を抹消細胞に運び、コレステロールの代謝を調節しうます。
・カイロミクロン

食物から吸収した脂質を肝臓に運びます。
コレステロールの合成を調節したり、脂溶性ビタミンを運びます。
リポたんぱくの残りが動脈硬化の原因

リポたんぱく中性脂肪は脂肪細胞の中に取り込まれますが、血液の中ではリポたんぱくの中に詰め込まれ、流れます。

筋肉や脂肪組織で作られ、血液壁に身をひそめている酵素、リポたんぱくリパーゼ。
リポたんぱくが流れてくるとその中の中性脂肪を分解し、細胞に取り入れます。

取り入れられなかった脂肪からHDLが生成されます。
さらに残ったレムナントが生まれます。

HDLが少なすぎると、壁にたまったコレステロールを取り除くことができず、動脈硬化につながりやすくなります。

 

酵素ドリンク 飲み方 優光泉

Both comments and pings are currently closed.