ウォーキングのワンポイントアドバイス

目的地に着くと、急に空腹感を感じます。山登り、達成した時、急にお腹がすくなど、これは内臓が活発になっているしるしともいえます。

ウォーキングはエネルギー代謝がよくなり、脂肪が内臓にたまりにくい運動の1つです。

そのウォーキング、どのようにして行ったら良いでしょう。

起床後は血圧が上昇しやすいので、避けましょう。

服装は自由。靴は歩きやすく、履きなれたものを選びましょう。
(私もワンシーズンで処分するつもりで、ウォーキングはこの靴と決めています)

自分は今、歩いているんだという意識を持つといいでしょう。

何よりも楽しみながら歩くことが大切です。

空を見ながら、今日は気持ちいいなぁ。とか、この木に花が咲いたなぁ。
など、日々、景色は変化します。

さっさと歩けば、脂肪も燃えます
ウォーキングがいくらよいからと言って、ダラダラ歩くのは、お勧めできません。

コレステロールや中性脂肪を減らし、動脈硬化を改善してくれるのが、さっさと歩くことです。
早すぎると長時間続けられなくなります。

三日坊主になることなく、続けることが大切です。

楽しみながら、また内臓脂肪を燃やすという目標をもって続けてほしい運動の一つです。

断食 酵素ドリンク

Both comments and pings are currently closed.