ウォーキングを利用したダイエットの方法

ダイエットをしようと思い立った時に、すぐにできる運動にウォーキングがあります。週に数日だけ、ウォーキングダイエットの日を決めて、あとは歩くだけです。できるならば、動きやすい服、そしてシューズを履いてウォーキングしましょう。ウォーキングによるダイエットで大切なのは、歩く早さです。ダイエット効果が出るくらいにカロリーを使うのであれば、ただ長時間歩くのではなく、ウォーキング自体の早さも関係してきます。

効率的なウォーキングダイエットをするためには、日頃の歩くスピードよりも、心持ち早めに歩くように心がけるといいでしょう。体を運動に慣らしながら、ちょっとずつペースアップしていくことで、無理のないウォーキングダイエットができます。朝食を食べる前に、ウォーキングをするという習慣をつくるのがおすすめです。血液に溶け込んでいる糖が起きたばかりは少量なので、そのタイミングで運動をすることで脂肪の燃焼が促進できます。朝食前で、あまりにも空腹の状態でウォーキングダイエットをすると、めまいがしたり、空腹すぎて気持ち悪くなる人もいますので無理は禁物です。多少の食事をした方が運動しやすい人は、バナナを半分だけ食べたり、牛乳を少し飲んでからウォーキングを始めてみてはいかがでしょうか。無理をして朝にこだわらずとも、昼や夜など、ウォーキングが可能な時間にやってみてください。20分以上歩き続けることで、血中の糖を消費し終わり、体の中にため込まれている脂肪を燃焼しはじめるようになるといいます。ウォーキングによるダイエットをするためには、20分以下の運動では、脂肪の燃焼にまでは至りません。ウォーキングダイエットで大事なことは、長期に渡って継続することですので、無理ない運動を意識しましょう。http://www.lajollajaguars.org/

Both comments and pings are currently closed.