体操で部分的に痩せるには

食事制限でのダイエットをする人は少なくありませんが、女性らしい全身の丸みを失いたくないという声もあり、部分痩せの体操が盛んです。

ダイエットはしたいけれど、絞りたい部分は手足やウエストであり、胸が小さくなるような痩せ方はしたくないという人は痩せる体操をするようです。

体操によって下半身が痩せる効果が欲しいなら、30度~45度になるよう寝ころんだ状態から足を三角座りにしてしばらく姿勢を崩さずにいるようにしましょう。

姿勢を5秒間保ち、10回から20回行うことで下半身が痩せることができます。

体操には、お腹周りが痩せるというものも存在します。

まず背筋を伸ばしてまっすぐ立ち、両手の中指を胸の前で重ね、そのまま深呼吸をします。

息を静かに吐き出しながら、体を右にねじって5秒キープしてください。

中指同士が合わさった手は常時胸の前に置き、背筋は伸ばして姿勢は崩さずに、上半身をゆっくりとねじります。

同じ要領で息を吸い、吐く時には左に体を回して吐き出します。

ウエストが痩せる体操を行うときには、足を動かないように気をつけます。

朝晩10回行うことで効果が実感できるようになります。

有酸素運動の特性と無酸素運動の特性でできる体操も存在します。

痩せる無酸素運動の例には、まっすぐ立って手を上方に伸ばしてからしゃがみこんで腕を床につけ、体を腕に乗せるように足を後方に伸ばすというやり方があります。

一方、その場で跳ねるように足踏みをすることで有酸素運動ができます。

有酸素運動を30秒、無酸素運動を30秒、交互にすることでダイエット体操になります。

痩せる体操を日々の習慣的活動に折り込むことで、気づけば体重が減っていたということもありえます。
ダイエット方法 短期間

Both comments and pings are currently closed.