ランニングによるダイエットの注意点

ダイエットの基本は食事と適度な運動ですが、その運動としてランニングをしている人は大勢います。しかし、あらかじめ気をつけておきたいことがいくつかあります。まず前提として、ランニングダイエットは長く続ける必要があります。一定のダイエット効果を上げるためには、短時間の運動一回限りでは無意味です。ペースや距離を調整して、体にきつすぎないようにしましょう。

慣れない運動を無理をして続けていると、次の日もぐったりしてしまったり、疲れがたまってしまったりするようです。まずはウォーキング、だんだんとランニングに以降していくという方法もあります。かつて運動が得意だったという人は、自分のできる運動量を多く見積もりすぎることがあります。疲労を溜めず、余裕のある状態でランニングを続けましょう。ダイエットが目的なら、1週間に2回~3回でも効果は十分に期待できます。平日は短めに、休日は長めにランニングをするのもいい方法です。ランニング中も、しっかり水分補給をしながら行うようにしましょう。暑い日に、無理をしてランニングをしていると、熱中症の症状が出てしまう場合があるといいます。寒い季節のランニングは、いきなり走ると故障の原因になりますので、予備運動をきちんと行ってからランニングをしましょう。ダイエット効率をあげるには、ランニングをする前に、走りやすい状態になっておくことが大事です。置き換えダイエット 効果

Both comments and pings are currently closed.