ダイエットの停滞期について

しばらくダイエットを続けていると、体重が減らなくなる停滞期に差しかかることがあります。せっせとダイエットにいいことをしているのに、停滞期は 効果があがりませんので、気持ちも盛り下がります。色々なダイエットをしているけれど、途中でやめてしまうという場合、停滞期でくじけている可能性があり ます。ダイエットに失敗した原因は、停滞期だったという経験のある方は少なくないはずです。ダイエットの停滞期になると、スムーズに減量ができていた場合 でも、ぴたりと体重の減りがとまります。最初はダイエットのモチベーションが高くても、停滞期になって結果が出なくなると、ダイエットが苦痛になります。 頑張っているのに全然痩せることができなくて、精神的にもストレスがたまってしまい、うっかり食べ過ぎてしまったという人もいるようです。今の体重の5% が急激に減ると、人間の体は非常事態に陥ったと解釈して、停滞期にすることが体を守ろうとします。人間は、いきなり体重が5%少なくなると、このペースで 体重が減っていると病気になってしまうと思って、体重減少を減らそうとします。体が省エネモードになると、基礎代謝が減って、脂肪を体に貯めこもうとする ので、痩せにくい体に変化してしまいます。どのくらい停滞期が続くかは、人によって違います。1週間~1時間ほどかかると言われますので、その間はダイ エットをすることです。ダイエット中は、必ず停滞期があります。そして停滞期は永久に続くわけではありません。停滞期中にダイエットを諦めないようにしましょう。

 

酵素ドリンク おすすめ

Both comments and pings are currently closed.