ダイエットの停滞期について

多くの人が、ダイエットをしていた時に、停滞期を経験したことがあるのではないでしょうか。

停滞期になると、ダイエットのための努力をしているのに効果が出ずに、厳しく感じることがあります。

何度もダイエットに挑戦しているのに毎回失敗してしまう人の多くは、停滞期の過ごし方にあるようです。

停滞期に入った時に、ダイエットに挫折してしまったという人は、以外と多いようです。

ダイエット開始直後は、しっかり体重を落とせていたとしても、停滞期になると体重は減らなくなります。

頑張った分だけ結果が出ていたはずのダイエットが、全くやりがいがなくなってしまって、気持ちが続かなくなります。

停滞期になったことで、空腹をこらえて頑張っているのに全然報われないという気持ちになり、ストレス解消に食べ過ぎに走る人もいるようです。

急に体重が減ると、人の体は危機感を覚え、これ以上は体重が減らないようにします。

目安は体重の5%です。

体重が5%減少すると、人の体は本能的に体が危機的状況になっていると察して、生命維持のために省エネモードに入ります。

新陳代謝を少なくすることで、一日に必要なエネルギーの量を減らし、少ないカロリーで生きていけるように体をつくりかえます。

停滞期の間にダイエットを終わらせることは体によくありませんので、停滞期ちゅうの1週間から1カ月はダイエットを続けましょう。

ダイエットがうまくいかないと感じる人は、停滞期でやる気を失うことが多いようですが、停滞期を何とかすれば、ダイエットはうまくいきます。

シェイプアップ乳酸菌 口コミ

Both comments and pings are currently closed.