ダイエットは摂取カロリーと消費カロリーのバランスが大事

ダイエットをして効果を上げるためには、食生活の見直しは重要で、食事による摂取カロリーを抑えることが基本とされています。1日に使うカロリーより、遙かに多くのカロリーを食事で摂取していると、使い切れなかったカロリーは体脂肪になります。ダイエットの基本は、この食事で体内に補給されるカロリーと、活動などで消費されるカロリーのバランスをすることです。
計算上では、消費カロリーが摂取カロリーよりも多ければ、おのずと体重が減少してダイエットできると考えられます。摂取カロリーから、基礎代謝や日々の活動で消費するカロリーを差し引いて、余りが出たなら、それは多すぎるカロリーです。基礎代謝を上げることで、消費されるエネルギーが増加するので、ダイエットに大変効果があります。原則として基礎代謝を促進して、消費量を高めるには体質の根本的な改善も必要になります。
ダイエットというと、食事改善と、運動量増加にばかり目がいく人もいますが、体質改善によってダイエットに適した体になることも大事です。ダイエットを成功させるには、運動をして、食事量を見直し、さらに、ダイエットに適した体質をつくることが必要です。基礎代謝は10代中盤が特に高く、年齢と共にだんだんと低下してくるので、よりダイエットしにくい体になっています。
せっせと運動を続けても、食欲を抑えてカロリー制限をしても、思うように体重が減らない時は、基礎代謝を上げることを検討してみてください。やみくもに食事制限や運動をするのではなく、摂取カロリーと消費カロリーのバランスを考えた方法であれば、効率よくダイエットできるようになります。 一人暮らしの食事 栄養管理

Both comments and pings are currently closed.