筋肉がつくと体重が増える理由

筋トレなどの運動で筋肉がつくと、体重が増える場合がありますが、考えられる理由はいくつかあります。筋肉と脂肪とを比較すると、同じ体積でも脂肪のほうが軽いといいます。

そのため、筋肉が増えて脂肪が減り始めているうちは、体重が増えることがあります。効率的にダイエットをするには、まず筋トレで筋肉量を増量し、基礎代謝の高い体に体質改善をすることです。

ダイエットをしている時は、ただ単に体重が増えた減っただけを見るのではなく、もう少し長い時間を掛けて、体を作っていく必要があります。筋肉を急に使うようになると、負荷がかかって筋繊維を損ねてしまうことがあります。

リカバリーの途中で筋肉の水分量が多くなり、その結果、体重が多くなりますが、筋肉の炎症がおさまれば体重は元に戻ります。疲労が蓄積するような運動や、筋肉に負担の大きい筋トレをしていると、ストレスホルモンともいうコルチゾールの量が増えて、体内の水分量が増えることがあります。

必要以上のカロリー制限を行っていると、コレチゾールの過剰分泌を促してしまい、脂肪がつきやすくなることがあるので、体重の増加につながる場合があります。

体重の増減と、人体の反応をある程度把握することで、自分がしていることで、ダイエット効果をどの程度得られるのか知ることができます。

ダイエットのために筋トレをしたり、運動量を増やしているのなら、空腹感を強く感じるようになったからと食べ過ぎてはいけません。カロリーを摂り過ぎてしまうことは体重が増える一番の理由である為、ダイエット食品などを活用して、カロリー摂取量を調整しましょう。

健康面に配慮したダイエットをするには、体を機能するために必要な栄養素が不足しないように注意をしながら食事量を減らしていきます。例えば、筋肉を増やすには、たんぱく質が必要です。身体が必要としている栄養素はきちんと摂取し、余剰なカロリーは摂らないことが、食事制限では大事です。

ピンキープラスはここ

Both comments and pings are currently closed.