筋トレは、短期のハードトレーニングではなく継続が大切

30代に入って、これまで経験したことのない自分の肉体への衰えを感じていました。お腹がポッコりと出てきてたり、全体的に筋肉と無縁な体になってしまっていたのです。

学生時代はサッカーをしていたので俗に言う細マッチョだったのですが、いつの間にかこのような中年太りになってしまい、このままじゃまずいと決意して筋トレを開始することにしました。

年齢的に代謝が悪くなっていて、同時に体力も衰えてしまっていることは分かっていたので、肉体的にも精神的にも無茶は出来ないな…と頭ではわかっていたのですが、ついつい初回からハードな筋トレをやってしまい、次の日には全身筋肉痛で会社に行くのも億劫な状態におちいってしまったのです。

やる気だけは十分あったのですが、このままじゃ日々の生活に支障が出ると思い、次回からは数を決めて「まだ出来そうだな」と思ってもやらないようにしました。
要は、筋トレは継続していくことが一番の近道であると分かっていたので、無理はしない方向でメニューを見直し、結果半年前に初めてた筋トレを今でも継続してやることが出来ています。

体もまだまだ全盛期とは言えませんが、引き締まっていってるのは自分でもわかるので短期的なハードトレーニングではなく、長期的な軽い筋トレにして良かったと思っています継続は力なりとは良く言ったものだと痛感しました。

http://hmb.webcrow.jp/

Both comments and pings are currently closed.