発芽玄米ダイエットのデメリット

発芽玄米ダイエットのデメリットは、消化不良を起こす恐れがあるところです。玄米は白米と比較すると消化が悪いので注意しないといけません。発芽玄米ダイエットに取り組む時は、普段の食事よりもゆっくりと噛みしめて食べないといけません。よく噛まずに食べると胃や腸に負担をかけることになります。しっかり噛んで食べないと、便秘を起こすことになりかねません。こうしたデメリットを考慮して、発芽玄米ダイエットをする時は、まずは白米で調子を整えてから玄米にすることです。いきなり玄米中心の食生活に切り替えるのは危険なので、最初は白米に玄米を混ぜ、徐々にならしてから、玄米に切り替えるようにしましょう。玄米には、フィチン酸と言う成分が含まれていて解毒作用があります。体内に蓄積された有害物質を排出してくれるので良いのですが、この成分は必要なミネラルも排出してしまうデメリットがあります。そのため、発芽玄米ダイエットをする時は、野菜や果物もしっかり摂取する必要があります。あくまでも玄米はサポーターの役割なので、基本となる栄養はしっかり摂る必要があります。

Both comments and pings are currently closed.