気になるコレステロールを食事で改善する時には

健康診断などで、コレステロールが高いことを指摘されたことはないでしょうか。

運動不足を解消することや、栄養バランスのとれた食事をすることが、コレステロールの改善に重要です。

食事改善で必要なことは油脂の多い料理を減らすことという印象がありますが、どんな食事をするべきでしょう。まず最初の気を付けたいポイントは、アジやイワシ、ブリなどの青魚を食べるようすることです。

ドコサヘキサエン酸や、エイコサペンタエン酸は、血液に含まれている中性脂肪を減らす効果があり、アジやブリ等に豊富です。

エイコサペンタエン酸や、ドコサヘキサエン酸を積極的に摂取することで、動脈硬化を引き起こすコレステロールを少なくする効果を得ることが可能になります。

青魚を調理する時には、熱をかけすぎないようにしましょう。

ドコサヘキサエン酸も、エイコサペンタエン酸も、熱に弱い成分です。

サプリメントを使うことで、食事に青魚を調理して出す手間をかけずに、必要な栄養成分を補給することができます。

ダイエットをしてコレステロールを減らすという方法もありますが、極端に食事量を減らすと身体に悪影響が及ぶこともあります。モビット マイモビ

炭水化物や糖分を控える人が多いのですが、その反面、肉や卵の摂取量が増えてしまわないように気を付けるのが大切です。

コレステロールを下げるにはただ体重を減らせばいいというものではなく、食事のうちどれを減らすかを検討することが大事です。

コレステロールが上がらないように食事の内容を改善したい場合、食事では海草や野菜、フルーツ等を意識して献立に組み込みましょう。

Both comments and pings are currently closed.